TimberLandChapel's Tech Blog

TimberLandChapel provide Tips, tech note and scribbling.
Updated my site as English site for APAC users.
TLC.com .Metrix 4.0 Beta1 released

サイトの日本語化方法はこちら

Syndication

News

INETAJ

情報処理関係官公庁

SQL Server

TLC.com

Microsoft

クリエイティブ・コモンズ

http://www3.clustrmaps.com/
Visual SourceSafe から Team Foundation Server への移行
関連リソース
Visual Studio Team Foundation Server 2010
http://www.microsoft.com/japan/visualstudio/products/2010-editions/team-foundation-server
Upgrade Visual SourceSafe 2005 to Visual Studio Team Foundation Server 2010
http://www.microsoft.com/visualstudio/en-us/upgrade-visual-sourcesafe
シナリオと目的

Visual Studio Team Foundation Server 2010 はソースコードのバージョン管理機能を含む強力なソリューションですが,今までのバージョン管理ツールである Visual SourceSafe を使っている方も多いんじゃないでしょうか。
Visual SourceSafe はクライアント OS でも稼働したので,個人での使用でも便利でした。
しかし,TFS 2010 は,なんとクライアント OS 上でもサポートされました!(やった!)
なので,TFS 2010 の強力な機能を手軽に利用できるようになっています。

ここで問題になるのが,VSS から TFS への古いコードの移行です。移行ツールが用意されているのですが,ちょっと込み入った操作が必要です。

この記事は,VSS から TFS への移行の一連の流れについて記述しています。

この記事は次のバージョンに基づいて記述しています。 Visual Studio Team Foundation Server 2010 (30319.01.10).

TFS のインストール

TFS のインストールノートを参照したい方は次のリンクをどうぞ。

インストールノート
TFS の初期設定

インストールが完了したばかりの TFS には初期設定が必要です。 [構成センター] の [基本] ウィザードで基本的な機能を有効にすることができます。このウィザードはインストーラーの完了画面からか,[Team Foundation 管理コンソール] から起動できます。

この手順では基本的な機能である,ソースコード管理とチームクエリを有効にします。

1左側のペインで [基本] を選択し,[ウィザードの開始] をクリックします。 basic wizard

2このウィザードの動作に関するフィードバックを送信してもよい場合は,チェックをいれます。[次へ] をクリックします。 feedback

3データベースの設定を選択します。既存の SQL Server を使用する場合は,下の選択肢を,SQL Server Express をこのウィザードで構成する場合は,上の選択肢を選択して,[次へ] をクリックします。 database setting

4既存の SQL Server のインスタンス名を入力して,[次へ] をクリックします。 database instance

5設定内容を確認して,[次へ] をクリックします。 confirm

6まず,システム構成のチェックが走ります。構成チェックにすべてパスしたら,[構成] をクリックします。 validation progress validation result

7構成が実行され,完了したら [次へ] をクリックします。 config progress config result

8基本機能の構成は以上です。 result

VSS から TFS への移行

VSS から TFS への移行はちょっとトリッキーで,概ね次の手順が必要です。
VSSConverter は TFS 2010 のための移行ツールです。
1パッチ KB950185 を適用します。 2新しい移行先の [チーム プロジェクト] を作成します。 3VSSConverter 用の設定ファイル [settings.xml] を作成します。 4VSSConverter で移行設定の検証を実行します。 5VSSConverter で移行する。

ステップバイステップ:移行

パッチ KB950185 の適用

KB950185
http://code.msdn.microsoft.com/KB950185/Wiki/View.aspx http://code.msdn.microsoft.com/KB950185/Release/ProjectReleases.aspx?ReleaseId=1123

KB950185 が適用されていない場合は, 次のメッセージが表示されます。 KB950185 alert

1[VS80-KB947647-X86-INTL.exe] をダウンロードして,(なんで KB947647?) 実行して,[OK] をクリックします。 KB950185 welcome

2ライセンス条項を読んで,回答を選択し,[次へ] をクリックします。 KB950185 EULA

3パッチの適用が実行されます。 KB950185 progress

4パッチの適用は以上です。 KB950185 result

移行先の新規 [チーム プロジェクト] の作成

移行先の [チーム プロジェクト] がない場合は,(この手順書では [fromVSS] が移行先です),次のエラーメッセージが表示されます。 destination lost

1Visual Studio の [チームエクスプローラー] の右クリックメニューで,[新しいチームプロジェクト] をクリックします。
ダイアログが起動したら,チームプロジェクトの名前と説明を入力します。この手順書では,[fromVSS] としています。[次へ] をクリックします。 destination create

2プロセステンプレートを指定して,[次へ] をクリックします。 destination template

3[空のソース管理フォルダーを作成する] を選択して,[次へ] をクリックします。 destination folder

4設定を確認して,[完了] をクリックします。 destination folder

5作成が実行されます。 destination progress

6チームプロジェクトの作成は以上です。 destination result

VSSConverter 用 [settings.xml] の作成

次の XML が VSSConverter 用の設定定義です。この設定ファイルでは,次の項目を設定します。この例の設定ファイルはVSS 内のすべてのソースを [fromVSS] に移行するように記述しています

項目 説明
VSSDatabase.name VSS の ini ファイルのあるパスを指定します。
SQL Server SQL Server のインスタンス名を指定します。TFS 用に SQL Server Express を自動構成した場合はこの項目は不要です。
TeamFoundationServer.name TFS がインストールされたマシン名を指定します。
Output.file 移行結果を出力するファイルパスを指定します。
Code クリップボードへコピー
01<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
02<SourceControlConverter>
03    <ConverterSpecificSetting>
04        <Source name="VSS">
05            <VSSDatabase name="!!! vss data path !!!"></VSSDatabase>
06            <SQL Server="!!! SQL Server instance name !!!"></SQL>
07        </Source>
08        <ProjectMap>
09            <Project Source="$/" Destination="$/fromVSS"></Project>
10        </ProjectMap>
11    </ConverterSpecificSetting>
12    <Settings>
13        <TeamFoundationServer name="!!! TFS Server name !!!"
14            port="8080"
15            protocol="http"
16            collection="tfs/DefaultCollection" />
17        <Output file="!!! analysis output path !!!"></Output>
18    </Settings>
19</SourceControlConverter>
参照

VSSConverter での移行設定の検証

VSSConverter は移行用のコマンドラインツールで,既定では次のパスにインストールされています。

%Program Files%Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE

移行設定の検証を行う場合は,[analyze] を使います。

Code クリップボードへコピー
01vssconverter analyze [settings.xml path]

VSSConverter での移行

検証後,移行を実行します。

Code クリップボードへコピー
01vssconverter migrate [settings.xml path]

1[ y ] を入力します。 migration start

2[VSS 管理者パスワード] を入力します。(管理者パスワードを知らない場合は,おそらく空白です。単に [Enter] で) [ y ] を入力します。 migration password

3移行が実行されます。 migration progress

4移行は以上です。 migration result

移行済みソース管理の確認

移行後は,[チームエクスプローラー] 内にすべてのプロジェクトが表示されます(この手順書では [fromVSS] が移行先です)migration result

参考情報

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>\n<SourceControlConverter>\n\t<ConverterSpecificSetting>\n\t\t<Source name="VSS">\n\t\t\t<VSSDatabase name="!path!"></VSSDatabase>\n\t\t\t <SQL Server="!SQL Server!"></SQL>\n\t\t</Source>\n\t\t<ProjectMap>\n\t\t\t<Project Source="$/" Destination="$/fromVSS"></Project>\n\t\t</ProjectMap>\n\t</ConverterSpecificSetting>\n\t<Settings>\n\t\t<TeamFoundationServer name="!TFS!"\n\t\t\tport="8090"\n\t\t\tprotocol="http"\n\t\t\tcollection="tfs/DefaultCollection" />\n\t\t<Output file="!path!"></Output>\n\t</Settings>\n</SourceControlConverter>

Published 2011年3月5日 0:48 by timberlandchapel

Comments

No Comments